SIG(分科会)/COUNCIL

TECH SIG

概要

ご存知の通りEBSはCRM(Customer Relationship Management)や
BI(Business Intelligence)といった対象領域の拡大や、FIN、SCMといった既存領域における機能拡張が行われている一方で、EBSのインストールや環境コピー、運用・保守における各種機能等EBSを支えるテクノロジー部分についても進化しており、活用の幅が広がっています。また、EBSではデータベースやアプリケーションサーバ等の様々なテクノロジー製品を活用しているため、それらの製品の進化に伴いEBSにおける当該テクノロジー製品の活用方法も進化しています。さらにEIA(Enterprise Application Integration)ツール等EBSと連携するCAI(Cooperative Applications Initiative)製品群も充実してきています。
このようにEBSのテクノロジーを取巻く環境は、ますます高度化&複雑化してきているため、実際にEBSの導入、運用・保守を担当されている方々、あるいは導入を検討されている方々の中には、何をどのように活用すべきか悩んでおられる方が多いのではないでしょうか?
Tech SIGでは、アップグレードを皮切りに、システム導入、機能拡張、運用・保守といった取り組みや、セキュリティー、SSO(Single Sign On)、外部システム連携といった機能について、会員の皆様方からの声を集めて様々なテーマを選択し、活発な議論・情報交換をしていきたいと考えています。
皆様の積極的な参加をお待ちししております。

イベント情報はこちらから
(代表者)イー・ビー・ソリューションズ株式会社  木藤 宏典氏
(代表者)
イー・ビー・ソリューションズ株式会社
木藤 宏典氏

主な活動内容

  • メンバー間での情報共有と活発な意見交換
  • 日本オラクルとの密な情報共有・情報交換
  • EBSテクノロジーに関する改善要望の収集
  • EBS製品機能強化計画への確実なユーザー意見反映
SIG開催時の模様
懇親会の模様
会員登録はこちらから
今すぐ会員登録
【お問い合わせは】
日本OAUG事務局
〒107-0061 東京都港区北青山2-5-8
オラクル青山センター

E-mail:
会員専用メンテナンス
ページはこちらから
会員ログインへ
PAGE TOP