イベント情報

SIGミーティング

ホーム  >  イベント情報  >  SIGミーティング  >  2019年度 第3回 合同SIGsミーティング (2019/05/17)

2019年度 第3回 合同SIGsミーティング (2019/05/17)

資料ダウンロード

当日の資料ダウンロードはこちら [ 資料ページ ]
(会員ページ閲覧用のID/パスワードが必要です)

開催概要

■ 名称 2019年度 第3回 合同SIGsミーティング
■ 開催日 2019年5月17日(金)
■ 開催時間

11:15-18:30 (10:45 受付開始 / 懇親会の時間帯を含む)

11:15-12:45 (90分) Customer Support Council (CSC)
13:00-14:30 (90分) TECH SIG
14:50-16:20 (90分) FIN SIG & SCM SIG / HRMS SIG & PeopleSoft SIG / CX SIG
16:40-17:15 (35分) COLLABORATE19 フィードバック
17:30-18:30 (60分) 懇親会
■ 会場 日本オラクル本社 オラクル青山センター 13Fセミナールーム
http://www.oracle.com/jp/corporate/branch/aoyama-078891-ja.html
■ 主な内容 下記プログラムをご参照ください。
■ 対象 日本OAUGメンバー (日本OAUG会員で個人名を登録されている方)
■ お申し込み 下記お申し込みボタンよりお申し込みください。
PAGE TOP

プログラム

※ プログラムは変更となる場合があります。あらかじめご了承ください。

11:15-12:45 ◆Customer Support Council (CSC) ※ Lunch on:軽食付き
2019年度 CSCコンセプト:
オンプレEBSのシステム・ライフサイクルはどうするべきか?

今年度CSCでは、オンプレEBSの将来に対する選択肢を深堀りしていきます。
アップグレード、クラウド移行、または現行バージョンでの継続利用など様々なケースを想定しながら、ユーザにとって最適な選択肢が出来るような情報提供を行います。

  1. EBSの現バージョン維持の可能性を探る!
    EBS12.1.xのプレミアサポートが2021年12月に迫る中、ユーザはアップグレードか現バージョン維持かの選択を迫られていますが現バージョン維持を選択したとしてもハードウェアの寿命からは逃れられません。
    どうしても現バージョン維持を選択せざるを得ない場合、オラクルクラウドを活用することで運用保守におけるリスクを軽減できるのか、可能性を探っていきます。
  2. その他
    ・前回CSC内容の訂正
    ・前回CSCアンケートのフィードバック

※ 賞味期限等の関係により、軽食のご提供はセミナー開始30分後までとさせていただきます。開始30分を過ぎてからご参加の方には軽食のご提供ができかねる場合がございます。あらかじめご了承ください。
13:00-14:30 ◆TECH SIG
  1. はじめに
  2. Japan Data Centerの概要及び、IaaS上でのオンプレミスアプリケーションの稼働について
  3. EBS12.2へのバージョンアップ時の考慮点
  4. EBSにおけるJavaサポート及び、前回SIGミーティングの質問フィードバック
  5. 日本オラクル体制変更
14:50-16:20 ◆FIN SIG & SCM SIG
  1. 講演:「IoTプロトタイピングについて(仮)」
    <講演>
    dotstudio株式会社
    代表取締役 菅原のびすけ氏


SCM SIGでご案内していました「SCM Cloudの最新情報」は都合によりキャンセルとなりました。すでにお申し込みいただいた方には大変ご迷惑をお掛けいたしますこと心よりお詫び申し上げます。
  1. 「SCM Cloudの最新情報」
    日々機能が充実しつつあるSCM Cloud製品の最新情報の共有と簡単なDemoをみていただきます。
◆HRMS SIG & PeopleSoft SIG
  1. 講演:「人事部の働き方改革」、何が人事部に必要か?
    <講師>
    土橋隼人氏
    PwCコンサルティング合同会社マネージャー
    <講演者略歴>
    PwCコンサルティング合同会社マネージャー
    会計系コンサルティングファーム2社を経て現職。10年以上組織・人事領域のコンサルティングに従事。人材マネジメント戦略策定、 人事制度改革、コーポレートガバナンス改革、組織・人事デューデリジェンス、組織・人事統合支援、働き方改革支援などに携わる。 近年は、エンプロイー・エクスペリエンスやピープル・アナリティクス領域に注力している。日本人材マネジメント協会(JSHRM)執行役員
  2. オラクル社による最新製品更新情報
◆CX SIG
最適なカスタマーサポートサービスを考える!

カスタマーサポートサービスを最適化するためには、どういうアプローチが実効的なのか、考えます。

  1. 機能、コスト、品質を基準に最適なチャネルMIXを考えます。
  2. カスタマーサポートの最適なリソース配置を考えます。
  3. 最近アツいRPAの進め方を考えます。

そして、そのための理想的なiTプラットフォームとは?
オラクルのプロダクトはどこまでいけているのか?
正直ベースで提言します。
16:40-17:15 ◆COLLABORATE 19 フィードバック
Oracle のワールドワイドなコミュニティが共同で開催するユーザのためのカンファレンス COLLABORATE。今年は4/7~4/11にテキサス州サンアントニオで開催されました。日本OAUGから参加された2名の会員にフィードバックしていただきます。

日鉄ソリューションズ株式会社
水口満氏
株式会社ユー・エス・イー
野一色慎吾氏
17:30-18:30 ◆懇親会 (懇親会のみのご参加はご遠慮ください)
このセミナーは終了しました
PAGE TOP
  • 日本OATUGとは
    • 活動概要
    • 運営組織
    • 会則
    • 準ユーザー企業/会員一覧
    • 入会方法
    • お問い合わせ
    • サイトマップ
    • FAQ
  • 準ユーザー企業/会員一覧
  • SIG (分科会) / COUNCIL
    • SIG/COUNCILとは
    • FIN SIG
    • SCM SIG
    • HRMS SIG
    • TECH SIG
    • CX SIG
    • PeopleSoft SIG
    • JDE SIG
    • Hyperion
    • 建設・エンジ SIG
    • Customer Support Council
  • イベント情報
    • カンファレンス
    • 勉強会
    • 海外イベント
    • SIGミーティング・総会
    • その他
会員コンテンツ
  • 動画コンテンツ
  • News Letter/Case Study
  • 資料ダウンロード
  • 会員情報更新
  • パスワード問合せ
日本OATUG公式Facebookページ
ORACLE JAPAN